社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

タグ:介護

1ヶ月ほど前の話になりますが、「知っておこう!介護休暇と介護休業の仕組み」という記事がジェニーに掲載されました。 知っておこう!介護休暇と介護休業の仕組み | ジェニー あと4~5年のうちには団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になることを考えると、親の介護のために 続きを読む

先月、めでたく(?)40歳の誕生日を迎えた私ですが、40歳になるとやってくるのが介護保険料の徴収です。今月の給与明細からしっかり天引きされていました。65歳未満の会社員(第2号被保険者)の場合、毎月の介護保険料は月収(正確には50等級に区分された標準報酬月額)に一 続きを読む

少し前に、遠方に住む親の介護のために退職した場合の失業保険の扱いに関する記事がありました。NIKKEI STYLE マネー研究所@nikkeistyle_m親が倒れた、実家に戻って再就職 失業保険の扱いは? いまさら聞けない大人のマネーレッスン #マネー研究所 #NIKKEISTYLE #新着 #介 続きを読む

先日、日本FP協会大阪支部のスタディ・グループ(SG)に参加してきました。テーマは「介護コンサルタントに聞く!~介護の現状とお金の知識~」。講師は、運営管理者としていくつもの施設の経営立て直しに携わった経験を持つ医業経営コンサルタントの池田光政さんで、介護保 続きを読む

昨日は、午後の半日を使ってライフプランに関する社内研修を実施しました。その中のテーマの1つとして設定したのが「介護」。定年近くになってくると、自分の老後もそうですが、親の介護についても考えなくてはいけない年代になってきます。もちろん人によってはそれよりも若 続きを読む

以前「改革の本丸は年金よりも医療介護」の記事の中で紹介した書籍「ちょっと気になる社会保障」の続編、「ちょっと気になる医療と介護」を読んでいるところです。ちょっと気になる医療と介護 [単行本]権丈 善一勁草書房2017-01-28前回は年金制度に対する誤解を解くことに頁 続きを読む

「ちょっと気になる」こちらの本を読んでみました。ちょっと気になる社会保障 [単行本]権丈 善一勁草書房2016-01-30著者の権丈善一(けんじょうよしかず)さんは慶応大学商学部の教授で、社会保障政策を専門としています。巻末にある略歴の一部を抜粋すると、公務では,社会 続きを読む

↑このページのトップヘ