社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

タグ:バブル世代

社員構成のボリュームゾーンであるバブル入社組が今後シニア世代に入っていくことで、各企業において高齢者雇用が大きな課題になっていくだろうということは何度か書いているところですが、ではバブル入社組とはどのように特徴づけられるのか、こちらの本を読んでみました。 続きを読む

人生100年時代に向けて、特に今後日本企業で増加していくシニア社員に対して、自社の中での活用を図る、または転進支援により人材の代謝を促進するための人材マネジメントの方策を示し、人事制度を構築したり教育・研修等の機会を提供すること。を、うまい具合に表現できる言 続きを読む

先日人事の対応力が問われるバブル世代の高齢化にも書いたとおり、社員の年齢構成の”山”となっているバブル世代の高齢化は多くの会社でこれからの課題になると考えられますが、具体的に何が問題となり、どう対応すべきかは個々の会社により異なります。では、どのように問 続きを読む

以前、企業における高年齢者の雇用に対するスタンスを3つのタイプに分け、それぞれのタイプに応じた退職金制度について考えてみました。【積極雇用型】高年齢者の雇用に積極的な企業にふさわしい退職金制度とは?【限定活用型】高年齢者の処遇にメリハリをつけたい企業にふさ 続きを読む

仕事柄、中規模企業(社員数でいうと3桁)の社員の年齢構成を見ることが多いのですが、どの企業もだいたい40代半ばから50歳あたりに山があります。バブル世代から団塊ジュニア世代にかけての層です。大企業でも状況は同じでしょう。これらの層が、今後10~20年のうちに、60歳 続きを読む

退職金制度が持つ3つの代表的な機能。今回はそのうちの3つ目、Release(離職の促進)について取り上げます。<前回までの記事>退職金制度が持つ3つの機能~1.Recruit退職金制度が持つ3つの機能~2.Retentionひと昔前までは、定年になれば会社を退職し、リタイアするのが普通 続きを読む

週刊ダイヤモンド2017年9月2日号の特集は「定年後の歩き方」。概要はこちらのページで読むことができます。これからバブル世代が直面する役職定年の現実、定年後に不安を感じつつも準備を先送りする50代、「なぜ自分がこんな仕事を」という”被害者意識”を持ちながら会社に 続きを読む

既存の退職金や企業年金の枠にとらわれない、これからの時代の退職給付について、これまでの記事の中でいくつか書いてきました。・退職金はないけど70になっても働ける会社・退職給付は「セレクション アンド バリエーション」の時代へ・3ステージの人生からマルチステージの 続きを読む

↑このページのトップヘ