社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

タグ:ジュニアNISA

昨年末にアップしたこちらの記事にも書きましたが、我が家ではiDeCo、つみたてNISAのほかに、主に教育資金の準備を目的としてジュニアNISAも利用しています。予定運用期間は現時点で残り7~15年程度と老後資金ほどの長期運用とはならないため、債券メインのリスク控えめの運 続きを読む

2018年も今日で最後になりましたが、昨年のiDeCo”開化”につづいて今年はつみたてNISAがスタートし、長期・積立・分散投資の機運が高まってきています。今年8月にはiDeCo加入者が100万人を突破し、つみたてNISAも9月末には87万口座に到達しました。同様のペースでいけば、現 続きを読む

昨年の年末、大和総研から「外国税額控除の改正で投信のリターンが改善する」と題するレポートがリリースされました(こちらに掲載)。2018年度の税制改正大綱に、外国株式に投資する投資信託の配当に対する二重課税の解消が盛り込まれ、税引き後のリターンが改善する可能性 続きを読む

2018年は戌(いぬ)年。「戌笑う」という相場格言はさておき、2017年はiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の対象拡大、そして2018年はつみたてNISAがスタートと、現役世代の積立投資と資産形成を後押しする環境が整ってきています。以前、「何のために、どの仕組みを使って 続きを読む

以前紹介した金融庁主催の「つみたてNISAフェスティバル2017」(9月10日開催)について、当日の資料が金融庁Webサイトのこちらのページ(一番下のほう)に掲載されました。このうち、「私が考える『つみたてNISA』と『iDeCo』の活用法」で紹介された4つのケースについて、少 続きを読む

前回の記事では、「何のために」「どの仕組みを使って」「何に投資するのか」ということについて、私自身のケースをもとに1つの例を示しましたが、今回は、これから将来に向けてお金を貯めよう(増やそう)という計画を立てるにあたっての、私なりの考え方を示したいと思いま 続きを読む

今月16日に開催した東京での「年金と退職金の賢い増やし講座」の最後に、「iDeCoとNISA、どちらも税制優遇のある仕組みですが、どのように使い分けるのがいいですか?」という質問を受けました。これに対する私の回答は、次のとおりです。老後資金の積み立てを目的とするなら 続きを読む

昨日、与党の平成29年度(2017年度)税制改正大綱が公表されました(こちら)。最終的には国会での関連する法案の成立を経て確定することになりますが、実質的にはこの内容でほぼ決まったと考えてよいでしょう。特別法人税の凍結延長税制改正大綱には所得税の配偶者控除の見 続きを読む

↑このページのトップヘ