社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

カテゴリ: 公的年金

先日の記事で紹介したちょっと気になる医療と介護 [単行本]の中で、日本の社会保障財源の全体像を1枚の図に表した資料(厚生労働省作成)が紹介されていてよくまとまっていたので、こちらのPDFファイルから抜粋してみました(表紙含めて7枚目のスライド。2014年予算ベースの 続きを読む

「ちょっと気になる」こちらの本を読んでみました。ちょっと気になる社会保障 [単行本]権丈 善一勁草書房2016-01-30著者の権丈善一(けんじょうよしかず)さんは慶応大学商学部の教授で、社会保障政策を専門としています。巻末にある略歴の一部を抜粋すると、公務では,社会 続きを読む

3月3日、国の年金資産を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)から2016年度の第3四半期(2016年10~12月の3か月)の運用成績が公表されました(こちら)。結果は、各種ニュースでも報じられているとおり、トランプ相場の追い風を受けて四半期としては過去最高 続きを読む

先週の金曜日から、日経の「やさしい経済学」に「公的年金の保険原理を考える」というコラムが連載されています。2/24 積立型「貯蓄」でなく「保険」 2/27 長寿の貧困リスクをカバー 2/28 親の扶養リスクを平準化 3/1 老後の備え、貯蓄だけでは困難 国の年金は終身、つま 続きを読む

昨日、年金問題に対する学生の啓発活動を取り上げた記事が中日新聞のサイトに掲載されていました。向井洋平@ymukai78https://t.co/W8sJY42v6b2017/02/16 17:42:47一読するだけではちょっと分りにくいのですが、紹介されているのは次の2つの取り組みです。ユース年金学会国民 続きを読む

年金制度に対する一般の理解が進まない理由の1つに、金額が大きすぎて全体像をイメージしづらいというのがあると思います。昨年度、国の年金資金を運用するGPIFが5兆円の運用損失を出してニュース等でもよく取り上げられましたが、5兆円と言われてもなかなか実感がわきません 続きを読む

先月27日、2017年4月以降の年金額の0.1%引き下げが厚生労働省より公表されました。日本経済新聞 電子版@nikkei17年度の年金受取額0.1%下げ 3年ぶり減額 https://t.co/uCREHIQOVL2017/01/27 10:31:012016年の物価が前年から0.1%下落したのに連動して、法律の規定により改定 続きを読む

↑このページのトップヘ