社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

カテゴリ: ライフプラン

友人の山崎俊輔さんのこちらのコラム、「大江千里と小室哲哉の比較から人生100年時代の生き方のヒントを探る」というなかなか興味深い内容でした。山崎俊輔@yam_syunYahoo!ニュース個人にこんなコラムを書きました。きっかけとなった東洋経済のインタビューがまた良かったの 続きを読む

年金の繰下げ受給についてはこれまで何度も取り上げているとおり、「長生きリスク」への対応として最優先に考えたい手段ですが、理屈では分かっていても実際65歳を迎えると「もらえるうちにもらっておきたい」と考えてしまうのが人間心理かもしれません。健康に少しでも不安 続きを読む

ここ数年でiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)や企業型確定拠出年金でのマッチング拠出、つみたてNISAなど、税制優遇のある積立投資の仕組みが充実してきました。老後資金をはじめとした長期の資産形成にはこれらの制度をぜひ活用したいところですが、住宅ローンなどの借金 続きを読む

日本の人口は2008年をピークに減少に転じてますが、「生産年齢人口」と呼ばれる15歳以上65歳未満の人口は、それより11年前の1997年から減少し続けています。国の労働力調査による就業者数(仕事に就いている人の総数)も1997年にピークに緩やかに減少していました。しかし近 続きを読む

常時10人以上の従業員を雇っている会社では、労働時間や賃金など、就業のルールや労働条件を定めた「就業規則」の作成と労働基準監督署への届出が義務付けられています。厚生労働省のWebサイト(こちら)にはこの就業規則の雛型である「モデル就業規則」が掲載されており、誰 続きを読む

このブログでたびたび取り上げている年金の繰り下げ受給。65歳から1年受け取りを遅らせるごとに生涯にわたって年金額が8.4%上乗せされる仕組みであり、最大70歳まで(42%増)繰り下げが可能です。今後はさらに70歳以降も繰り下げができるよう、制度の見直しが進められる見 続きを読む

今月15日、厚生労働省より「平成28年老齢年金受給者実態調査の結果」が公表されました(こちらに掲載)。2012年以来、4年ぶりに行われた調査の結果がまとめられており、ともに65歳以上である夫婦世帯での公的年金の受給額(年額)の平均は298.6万円、月額に換算して約25万円 続きを読む

昨年の話になりますが、「60歳以降のマネープランと資産形成」をテーマに社内研修を実施しました。概要については当社Webサイトの生涯研修コラムに掲載していますが、一言でいうと「70歳までは国の年金に頼らない前提でマネープランを考えてみよう」ということです。60歳だっ 続きを読む

ここのところよく目(耳)にする「働き方改革」。そのテーマは多岐にわたりますが、今回はその中で「副業解禁」について取り上げてみたいと思います(最近は「複業」という表現もよく見かけるようになりましたね)。副業は、働き方改革の中では、一人ひとりの能力や置かれた 続きを読む

先日の記事にも書いたとおり、すでに2017年分の確定申告書等作成コーナーのサイトがオープンしており、医療費控除やふるさと納税などの還付申告を行うことができるようになっています。2017年は医療費控除の特例として新たにセルフメディケーション税制が導入されました。そ 続きを読む

↑このページのトップヘ