社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

カテゴリ: ライフプラン

今月、クミタテルに「定年延長企業における人事制度の現状とこれから」というコラムを投稿しました。 独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構が昨年公表した調査報告書をもとに、定年を65歳以上に延長した企業の人事制度を延長前の企業と比較する形でまとめています。後編 続きを読む

今日(7月8日)発売の週刊東洋経済(2019年7月13日号)の特集は「年金大激震」。大げさなタイトルとは裏腹に、週刊誌には珍しく、公的年金制度とその活用法について正しい理解を得られる内容になっています(「2000万円騒動」の責任を金融庁に押し付けすぎな感はありますが… 続きを読む

先月22日に案が提示され、今月3日最終版が公表された金融審議会の報告書「高齢社会における資産形成・管理」が思わぬ方向で火を噴いています。マスコミが報告書を本来の趣旨とは異なるニュアンスで「年金に限界 2,000万円の貯蓄が必要」というような見出しで報道したのが発 続きを読む

少し前の話になるのですが、私の家族が出勤途中に任意保険に加入していない車と接触するという事故がありました(自賠責保険には加入)。幸いケガは大したことはなく、結果的には2週間ほどの打撲で済んだのですが、当日は仕事を休み、病院で診察を受けました。交通事故の場合 続きを読む

以前にこちらの記事に書いたとおり、我が家の火災保険には風水害の補償がついていません。この6月にセットになっている地震保険が更新の時期になったので、風災の補償の追加を検討することにしました。風災の補償とは、例えば台風で何かが飛んできて屋根や壁、窓などが壊れた 続きを読む

企業年金のある会社では、勤続年数等の条件にもよりますが、退職後に給付を年金で受け取るか一時金で受け取るかの選択権が与えられます。税金や社会保険料、手数料を差し引いた手取りで考えると一時金での受け取りが有利な場合が多いですが、ライフプランに合わせて「生活に 続きを読む

2週間ほど前になりますが、働き方改革で残業代が減り、住宅ローンの返済が滞っているという問題がクローズアップ現代+で取り上げられていました。NHK「クローズアップ現代+」公式@nhk_kurogen【夜10時】「借りられるということは返せるということではないんだ…」(住宅ロ 続きを読む

最近、著書のPRを兼ねてその一部を紹介するツイートをよく投稿しています。まあほとんどは大した反応はないのですが、これについては予想外に反響がありました。退職金専門家 向井洋平@ymukai78共働き世帯でiDeCoとつみたてNISAを併用する場合、夫婦が同じように少しずつ両方 続きを読む

今日はこちらの本の紹介です。ご円満に。お金に困らない・お金でモメない生活設計術 [オンデマンド (ペーパーバック)]松本 真由美ギャラクシーブックス2017-06-29先月28日、SGセレブ大阪(ファイナンシャルプランナーの勉強会)で確定拠出年金についてお話ししたときに参加 続きを読む

前回の記事では確定拠出年金の受け取りについて、運用を継続しながら取り崩していく場合を想定してシミュレーションしてみましたが、実際には年金としての受取方法には様々なバリエーションがあります。支給期間を何年にするか支給回数は年何回にするか年金保険の購入か分割 続きを読む

↑このページのトップヘ