社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

カテゴリ: ライフプラン

以前こちらの記事で男性の平均寿命は所得が高いほど長くなる傾向にあることを書きましたが、配偶者の有無も平均寿命と関係しているんじゃないかということで調べてみました。前回同様、市区町村別の平均寿命を、市区町村別の「65歳以上未婚率」(2015年国勢調査)とかけ合わ 続きを読む

以前「70歳以降の受給繰下げは何%増しの年金になるのか?」の記事に書いたとおり、現行の公的年金制度における繰下げ受給は、実際には繰下げを選択する人にとって有利な条件となっています。直近の死亡率(第22回生命表)と実質運用利回りの目標(年1.7%)を前提に、財政的に 続きを読む

前から少し気になっていたことの1つに、所得水準は健康状態や寿命にどれくらい影響しているのか?というのがあったのですが、検索してもそうした調査結果というのは意外と出てきません(見つけられてないだけかもしれませんが)。しかし、先日厚生労働省から2015時点の市区町 続きを読む

昨日の記事ではシニア社員の積極活用を念頭に、退職金を活用した処遇改善について書きましたが、逆にシニア社員の雇用をできるだけ抑えるという観点で退職金を活用することも考えられます。再雇用に代えて、定年時の退職金を上乗せする選択肢を用意することで、社外でのセカ 続きを読む

以前、ジェニーに寄稿した「定年以降も生き生きと働くために、知っておきたい3つの選択肢」では、同じ会社で働き続ける~継続雇用別の会社で働く~転職自分で仕事を始める~独立の3つを紹介しました。しかし、2020年4月以降に60歳に達した社員については、企業に65歳までの継 続きを読む

先日、JENNIEに掲載されたこちらの記事。JENNIE_iicp@jennie_iicpまだ経験はないけど…ドラマでよく耳にする「相続」に関して。相続ってお金貰えるんでしょ?はいそうです。でも相続税っていうのがあったり…。どこにでも税金かかるのね…。相続税対策となりうる生前贈与の方 続きを読む

先日の日経ビジネスオンラインのこちらの記事、タイトルと内容がマッチしていないのはさておき、保険商品選びや加入にあたって重要な考え方が書かれています。日経ビジネスオンライン@nikkeibusiness「掛捨て」と「貯蓄型」、死亡保障に適しているのはどっち? #日経ビジネス 続きを読む

昨日Twitterでたまたま見つけたのですが、障害者の保護者を対象とした公的な生命保険というのがあるんですね。厚生労働省@MHLWitter【#障害者 の保護者の方へ】保護者に万一のこと(死亡・重度障害)があったとき、その障害者に生涯にわたって #年金 を支給する任意加入の「# 続きを読む

2016年10月より社会保険(厚生年金保険と健康保険)の加入対象が短時間労働者にも拡大されていますが、事業所(企業や役所)や対象となったパート従業員が実際どのように対応したのか、その調査結果が先日こちらに掲載されました。(タイトルは『「社会保険の適用拡大への対 続きを読む

なぜ、会社は社員に対してライフプランやキャリアプランの教育を行う必要があるのか、こちらの本を読んでいて(まだ読み始めたところですが)改めて考えがまとまってきたので書いておくことにします。高齢社員の人事管理 [単行本]今野浩一郎中央経済社2014-08-26女性やシニア 続きを読む

↑このページのトップヘ