社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

カテゴリ: DB(確定給付企業年金)

先週4日、企業年金連合会の2018年度決算が公表されました。 連合会では、中途退職者の企業年金の脱退一時金や、制度終了(解散)した企業年金からの分配金を受け入れ、原則として65歳以降に終身年金として支給する年金通算事業を行っています。その積立比率(純資産/責任準 続きを読む

企業年金のある会社では、勤続年数等の条件にもよりますが、退職後に給付を年金で受け取るか一時金で受け取るかの選択権が与えられます。税金や社会保険料、手数料を差し引いた手取りで考えると一時金での受け取りが有利な場合が多いですが、ライフプランに合わせて「生活に 続きを読む

今週は月曜日、水曜日と総合型DBの事務局の方々向けに講演する機会があり、中小企業への企業年金の普及という観点から、私自身が中小企業のお客様に企業年金の導入を支援した事例を交えつつ、総合型DBには積極的に情報開示や情報発信をしてほしいという趣旨の話をしました。 続きを読む

2月22日に開催された社会保障審議会企業年金・個人年金部会の議事録がこちらに掲載されました。今回は第1回ということで、私的年金の現状と今後議論すべき課題について事務局より提示があり、それに対して委員が自由に意見を述べていくというような形で進められました。非常 続きを読む

以前こちらの記事の中でこれまでにリスク分担型企業年金を導入した企業を紹介しましたが、改めて見てみると終身年金を維持しつつ従来型のDBからリスク分担型に移行している例が目立ちます。終身年金は従業員にとってはありがたい制度である一方で、企業からすると長寿化や制 続きを読む

「企業年金の普及・拡大」は確定拠出年金法の改正(2016年)の第1の目的にも掲げられているとおり、私的年金分野における重要な課題と位置づけられています。実施や運営の要件が緩かった適格年金の廃止に続き、厚生年金基金も原則廃止されたことで、特に中小企業における企業 続きを読む

1月28日の日経に日立が「第3の企業年金」と呼ばれているリスク分担型企業年金を導入するという記事がありました。日本経済新聞 電子版@nikkei年金財政の悪化を抑えるため、富士通などが採用している「第3の企業年金」を日立も導入します。まず日立本体の約3.5万人の現役社員 続きを読む

先月から本格的に始めた新刊の執筆作業が佳境に入ってきたので、今週は「小学生でもわかるシリーズ」として短めの記事を書いていくことにします。今日の内容は先日Yahoo知恵袋に投稿したものと同じですが、「確定給付型の企業年金って何ですか?小学生にもわかるように教えて 続きを読む

今では実施されている企業はかなり限られていますが、確定給付企業年金(DB)における終身年金は社員にとって非常に手厚い給付です。終身年金に代えて一時金での受け取りを選択できる場合も多いですが、その場合、受け取れるのは最大でも年金の20年分、しかも一定の利率で割 続きを読む

↑このページのトップヘ