社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

カテゴリ: 資産運用

昨日、一昨日と為替ヘッジ付きの外国債券に関連する記事を書いたところですが、企業型の確定拠出年金では、ヘッジ付き外債の投資信託はラインナップにないことが多い印象があります。直近の企業年金連合会の調査(こちらに掲載)でも、「主に外国債券の投資信託」は平均で1.8 続きを読む

昨日の記事では、現時点でほとんど収益が見込めない国内債券に代えて、為替ヘッジ付きの外国債券の商品があればそちらで代替する方法もあるということを書きましたが、そもそもヘッジ付き外債とはどういうものなのか、まとめておこうと思います。外国債券、例えばアメリカの 続きを読む

確定拠出年金(DC)の運用でよく言われることの1つに「分散投資」があります。「すべての卵を1つのカゴに盛るな」という有名な格言もありますね。簡単にいうと、いろいろな種類の資産に分散して投資することで1つがダメでも全滅しないようにして、資産全体のリスクを軽減する 続きを読む

先月の話になりますが、日経に「株式配当 こんな節税法も 所得税・住民税、選択を一工夫」という記事が載っていました。(NISAではない)課税口座で上場株式を保有している場合、その株式の配当に対しては20%(所得税15%+住民税5%)が源泉徴収されるため確定申告は不要で 続きを読む

間近に迫った改正確定拠出年金法の施行(2018年5月1日)を前に、イデコ(個人型確定拠出年金)を取り扱う運営管理機関の対応が始まりつつあります。1つは指定運用方法の設定。先日の記事にも書いたとおり、第1号はさわかみ投信によるさわかみファンドでしたが、日経の報道に 続きを読む

昨日(4月25日)、米国の10年国債利回りが3%に到達したというニュースがありました。過去の推移(例えばこちらのページで確認することができます)を見るとわかるとおり、約4年4ヶ月ぶりの高水準となっています。ちなみに、日本の10年国債利回りは2016年2月にマイナス金利政 続きを読む

先日、「全世界の株式を投資対象とするつみたてNISA3商品の運用実績比較」の記事で紹介した以下の3商品(いずれの商品も、日本、日本以外の先進国、新興国のすべてを含む世界の株式を投資対象とする)について、各商品の運用レポートから2018年1~3月の3ヶ月間の運用成績を比 続きを読む

来月(2018年5月)から確定拠出年金制度に導入される指定運用方法。個人型(イデコ)のプランでは、指定運用方法を設定する運営管理機関は国民年金連合会に届け出ることとなっていることから、公式サイトにて運営管理機関と選定された商品及びその選定理由が公表されることと 続きを読む

昨日の記事では2017年度の確定拠出年金全体の運用結果を推計したところですが(企業型は3%台後半、個人型は2%台後半あたり)、じゃあ自分の場合はどうなのかということで加入者サイトを見てみました。私が加入しているSBI証券の個人型プランの場合、資産全体の運用利回りは掲 続きを読む

昨日の記事では、確定給付企業年金(DB)について、年金資産の構成割合と各資産のベンチマーク収益率から2017年度の平均的な運用利回りを算出しましたが、同様の手法により確定拠出年金(DC)についても2017年度の平均利回りを出してみます。まず、DC全体の商品選択割合につ 続きを読む

↑このページのトップヘ