社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

カテゴリ: 資産運用

前の記事に書いたとおり、我が家ではiDeCoやNISAで積立投資を行っています。コロナショックを受け、今年に入ってからの3ヶ月で保有している有価証券の評価額がどれくらい下がったのか、確認してみました。上のグラフは元本を100としたときの評価額の変化を口座種類別に表した 続きを読む

我が家では夫婦ともつみたてNISAとiDeCoを利用しています。当然、コロナショックの影響は避けようもなく、2020年3月末の残高を確認しようとしたところ、なんと2020年に入ってからの1月~3月、SBI証券での設定分が残高不足により発注できていなかったことが発覚しました。つみ 続きを読む

少し前の話になりますが、月刊金融ジャーナル2月号に「NISA・イデコの活用ポイント」を寄稿しました。主に、つみたてNISAとiDeCoについて、制度創設の経緯から最新の改正動向までを紹介しつつ、それぞれの特徴と違いを踏まえた活用のポイントを解説しています。両者の違いは 続きを読む

2012年に企業型DCから個人型DC(当時はまだiDeCoという愛称はなかった)に移ってから約7年半がたちました。制度改正で2017年からは妻もiDeCoに加入しています。当初は教科書どおりというか、債券と株式に分散投資してたような気がしますが、途中からiDeCo以外の資産も考慮し 続きを読む

今月決まった2020年度の与党税制改正大綱では、ジュニアNISAについては期間の延長を行わず、2023年をもって終了することになりました。しかし我が家では来年以降も引き続きジュニアNISAでの投資を続ける予定です。ジュニアNISAとはそもそもジュニアNISAってどういう制度だっ 続きを読む

先日、といっても1ヶ月くらい前だったかもしれませんが、NISA口座を開いている証券会社からロールオーバーの案内が来ました。2015年に購入した商品の非課税保有期間が年末で切れるので、2020年以降も非課税措置を継続するにはロールオーバーの手続きが必要です。そのためには 続きを読む

昨日、確定拠出年金年金法施行規則の一部を改正する省令が施行され、運営管理機関各社のWebサイトに運用商品の一覧が公表されました。主要な企業型の運管のサイトを見てみましたが、目立つ場所に一覧表へのリンクを掲載しているところはほとんどなく、見つけるのに一苦労です 続きを読む

先日の日経に企業年金の運用コンサルタントにも行動指針(スチュワードシップ・コード)を求めるという記事がありました。退職金専門家 向井洋平@ymukai78企業年金の運用コンサルにも行動指針求める 金融庁が意見書 https://t.co/4Ga5dqVhkp2019/04/24 19:24:49ソース元は金 続きを読む

昨日で2018年度も最終営業日を迎えましたが、第3四半期に過去最大の運用損失を出したGPIFの運用(公的年金の積立金の運用)はどうなったのでしょうか。<参考記事> 年金運用で 15 兆円もの損失を出してもなぜ公的年金は維持可能なのか? 例年通りだと公式に結果が公表される 続きを読む

前回の記事では、積立投資についてはそれ自体にリバランス効果が内包されているため、リバランスの有無によって残高の推移にはそれほど違いが生じないことを示しました。では逆に取崩していく場合ではどうでしょうか。確定拠出年金では60歳以降、運用を継続しながら一定の額 続きを読む

↑このページのトップヘ