社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

カテゴリ: その他の社会保障

このところ、健康保険組合の解散に関する記事をよく見かけます。日本経済新聞 電子版@nikkei健保組合に再び解散風 高齢者医療「仕送り」重荷 https://t.co/sHj1BLBujQ2018/04/17 11:58:01なぜ健保組合の解散が相次いでいるのか、健保組合が解散するとどうなるのか、そもそも 続きを読む

昨日の記事では、今月(2018年4月)11日開催の財務省財政制度分科会に提出された社会保障に関する資料から、財務省視点での今後の公的年金制度についての考え方を探ってみましたが、「各論」のパートで多くのページが割かれているのは年金ではなく、医療・介護のほうです。具 続きを読む

昨日の記事では雇用保険から出る3種類の給付について見ていきましたが、それぞれどれくらいの金額が支出されているのか、こちらに掲載されている雇用保険事業年報からまとめてみました。なお、「失業給付」は求職者給付(失業期間中の手当)と就職促進給付(再就職時の手当) 続きを読む

雇用保険から出ている給付の内訳会社員の給与から毎月天引きされていく社会保険料。先日の東洋経済の記事にあるとおり、社会保険料は以下の4種類で構成されています(介護保険料は40歳以上が対象)。厚生年金保険料健康保険料介護保険料雇用保険料このうち、厚生年金保険料は 続きを読む

先月、めでたく(?)40歳の誕生日を迎えた私ですが、40歳になるとやってくるのが介護保険料の徴収です。今月の給与明細からしっかり天引きされていました。65歳未満の会社員(第2号被保険者)の場合、毎月の介護保険料は月収(正確には50等級に区分された標準報酬月額)に一 続きを読む

先週24日、平成29年版厚生労働白書が公表されました。今年のサブタイトルは「社会保障と経済成長」。社会保障はコスト負担という経済へのマイナス面に焦点が当たりがちですが、雇用の創出や就労支援というプラスの面もあります。経済成長の関係性に着目して今後の社会保障の 続きを読む

今週10月10日、衆議院選挙が公示されました。なんかもうほとんど話題に上っていませんが、解散の名目は「消費税の使い道の見直し」です。8%から10%への引き上げにより見込まれる5兆円強の税収のうち、4兆円余りは借金の返済に回す予定だったのを、その一定部分を教育・保育無 続きを読む

少し前に、遠方に住む親の介護のために退職した場合の失業保険の扱いに関する記事がありました。NIKKEI STYLE マネー研究所@nikkeistyle_m親が倒れた、実家に戻って再就職 失業保険の扱いは? いまさら聞けない大人のマネーレッスン #マネー研究所 #NIKKEISTYLE #新着 #介 続きを読む

先日、日本FP協会大阪支部のスタディ・グループ(SG)に参加してきました。テーマは「介護コンサルタントに聞く!~介護の現状とお金の知識~」。講師は、運営管理者としていくつもの施設の経営立て直しに携わった経験を持つ医業経営コンサルタントの池田光政さんで、介護保 続きを読む

つい先日、2015年度の「国民医療費の概況」が公表されたという記事を書いたところですが、先週9月15日、2016年度の概算医療費が公表されました(こちら)。今回公表されたのは速報値で、その約1年後に確報値として「国民医療費の概況」が公表されるという流れになっているよ 続きを読む

↑このページのトップヘ