週刊東洋経済の2019年9月28日号(2019年9月24日発売)に執筆したコラム「生涯給料を大きく左右する 退職金の賢い見方・読み方」が掲載されました。
3
本号では特集記事として給料が取り上げられており、その中では唯一、退職金について書いています。

記事にも書いてますが、退職金は会社によって多種多様で、社員本人も中身をよく知らなかったりします。金額の算定方法や支給の条件も複雑で、2つの会社を並べたときに、どちらか有利は一概に言えないこともあります。そもそも、自分が退職するまでに制度が変わってしまう可能性もありますしね。

ということで、今回は「制度の透明性」をポイントにして書きました。でもやっぱり一般の読者向けに、限られた紙面の中で、興味を持ってもらい、わかりやすく、かつ正確に退職金について書くというのはなかなか難しいですねー