今日(7月8日)発売の週刊東洋経済(2019年7月13日号)の特集は「年金大激震」。大げさなタイトルとは裏腹に、週刊誌には珍しく、公的年金制度とその活用法について正しい理解を得られる内容になっています(「2000万円騒動」の責任を金融庁に押し付けすぎな感はありますが…)。