少し前の話になるのですが、私の家族が出勤途中に任意保険に加入していない車と接触するという事故がありました(自賠責保険には加入)。幸いケガは大したことはなく、結果的には2週間ほどの打撲で済んだのですが、当日は仕事を休み、病院で診察を受けました。

交通事故の場合健康保険は適用されないため、治療費はいったん全額自費での支払いです。相手方は当初、保険を使わずに直接治療費を支払うことで対応するつもりのようだったのですが、自賠責保険について調べてみたところ、賠償すべき損害には治療費のほかに休業損害や慰謝料なども含まれることがわかりました。

自賠責保険ポータルサイトなどを参考に、賠償額がいくらくらいになりそうなのか、事故のあった日の翌日くらいに作成したメモがこちら。
1
これをもとに、自賠責保険を使ってもらうことにしました。

後日、保険会社より保険金請求のための資料が届き、被害者請求(加害者ではなく保険会社に損害賠償額を直接請求する方式)を行うことになりました。警察署で事故証明を取ったり、病院で診断書を書いてもらったり、職場で休業に関する証明をもらったりと色々と面倒だったのですが、請求期限は事故後3年あるので時間のあるときに手続きを進めていきました。

そして書類を提出してから1ヶ月くらいたったところで支払いの案内が到着。
2
内訳はだいぶ違いますが、結果的にはメモの金額と同じくらいになりました。

今回の事故については大きなケガはなく、治療費のほかに直接的な金銭の負担はなかったので、保険を使わないとどうしようもないというほどではありませんでしたが、これが入院とかになると大きな話になりますね。

万一自分や家族が交通事故の被害者または加害者になってしまったとき、損害賠償には休業損害や慰謝料が含まれ、治療費を超える金額になり得ること、自賠責保険にはこれらに対する補償があることを頭に入れておきたいところです。