私がよく見ているニュースアプリの1つにNewsPicksがあるのですが、先日「『人生100年時代』のGood Life戦略」という記事を読んでいて次のようなエピソードが紹介されているのが目に留まりました。
いわく、人生には3つのフェーズがある。まず、与えられた「仕事」に一生懸命取り組むハードワーク期。次に自分の幅を広げる「私事」に取り組むブランディング期。最後に心からやり遂げたい「志事」に取り組むアチーブメント期です。
1
【図解】「人生100年時代」のGood Life戦略


この3つのフェーズの区切り方は私が持っているイメージとぴったりだったので、まさにそのとおりだと共感しました。

図では30代後半から「私事」、40代後半から「志事」となっていますが、私の感覚だと40歳くらいまでは力をつけて会社への貢献を高める時期、その後60歳くらいまでが社外にも視野を広げて自律を図っていく時期、60歳以降は社会の中で自分のやりたいことを実現する時期というのが今の時代にはしっくりくるように思います。

ただ実際にはどの時点でフェーズが移るかは人によって違うでしょうし、会社によっても違うでしょうし、時代によっても変わっていくでしょう。

各企業において、社員のキャリアをどうするのか、社員自身は自分のキャリアをどうするのか、長期的な視点で考えていくには、この3つのフェーズを意識することが大切ではないかと思います。