確定申告の期間は3月15日まで、今年は終了しました。医療費控除やふるさと納税などについては、確定申告を行うことで払い過ぎた税金を取り戻すこと(これを還付申告といいます)ができますが、時間切れでできなかった方もいるかもしれません。

しかし還付申告は確定申告期間を過ぎても可能です。以下、国税庁のWebサイトからの抜粋です。
確定申告書を提出する義務のない人でも、給与等から源泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることによって、納め過ぎの所得税が還付されます。この申告を還付申告といいます。
還付申告書は、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間提出することができます。
年内であれば、今年の分だけでなく、過去5年分は受け付けるということですね。確定申告作成コーナーのサイトも利用することができます。過去の年分の作成については「作成する申告書等の選択」のステップで該当する年を選択することで、各年分の作成画面に進むことができます。
1

なお、一時所得があった場合など、確定申告により追加で税金を納めるべきケースで期限内に申告を行わなかったときには、「無申告加算税」というペナルティが加算されることとなります。

しかし、期限後1月以内に自主的に申告されているなどの要件を満たした場合にはペナルティは免除されることとなっていますので、期限を過ぎていても早めに手続きするようにしましょう(詳しくは国税庁の「確定申告を忘れたとき」を参照)。