つい先日、40歳の誕生日を迎えました。40歳というと「四十にして惑わず」という論語の有名な言葉がありますが、ベストセラー「定年後」の著者である楠木新さんによると、これには異説があるようです。少し長いですが、別の著書より引用します。

ちなみに先ほどの「四十にして惑わず」には、異説があるという。孔子がこの発言をした当時は、「心」という概念がまだなく、本当は、「惑」ではなく、「或」の文字だったというのだ。「域」「國」は、「ある特定の範囲」という意味なので、この「四十にして惑わず」は、「従来からの自分の枠組みの中にとどまっていてはいけない」と解釈するという説を聞いたことがある。

辞書や書籍をいくつかあたったが、この説を裏付けられるものは得られなかった。ただし識者の中には、「『四十にして惑わず』と言いながらも、やはり惑うことがあったのではないか。それは陰に隠れて言われているような気がします」と発言している人もいる。

「或」の文字だったと解釈すれば、「吾れ十有五にして」から「七十にして…矩を踰えず」の人生の流れがスムース理解できる。また孔子自身の経歴とも一致するのである。

ブレイクスルー、つまり壁を突き破り(現状を打破し)、1歩前進することが求められていると読むほうが自然であると、私には思えるのである。

著者はまた、「40歳を過ぎたあたりから、仕事中心の働き方の一面性に疑問を感じて揺らぎ始める人が少なくない」とも述べており、40歳というのは実際にはむしろ惑い始める年代なのだろうと思います。

私自身、40歳を前にして新たな方向性を模索し始め、まだまだブレイクスルーとまではいきませんが、いろいろと新たな経験を積むこともできました。

退職金・年金コンサルティングという分野はこれからも私にとっての軸になると思いますが、その枠にとどまることなく、より多様な価値を提供できるように取り組んでいきたいと思います。