社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

2018年07月

昨日の記事では、退職金制度を若手社員に対するリテンションのための方策として機能させるには、退職時ではなく、一定の勤務期間に達した時点で在職中でも受け取れるようにする必要があるだろうということを書きましたが、制度としては永年勤続表彰やリフレッシュ休暇がこれ 続きを読む

以前、「イグジットマネジメント」について、その意味するところを私なりの解釈で記事に書きましたが、これと対になる言葉として「リテンションマネジメント」があります(リテンション=引き留め、定着。すなわち、優秀な人材の流出を防ぎ長く会社に貢献してもらうこと)。 続きを読む

来年(2019年)の公的年金の財政検証に向けた社会保障審議会年金部会での議論が今年度から始まっていますが、6月22日に開催された第2回の議事録がようやく掲載されたので(こちら)、ざっと読んでみました。当日は、まず事務局(厚労省)から、公的年金制度における直近の被 続きを読む

今週7月24日、確定拠出年金に関するパブリックコメント5本の結果が公示され、関連する省令や通知が公布、発出されました。<運営管理業務の兼務規制緩和に関する改正>事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)法令解釈通知施行規則及び運営管理機関に関する命令<運営管 続きを読む

週刊ダイヤモンド7/14号のテーマは「定年後も稼ぐ働き方」。半月ほど前に発売されたものですが、遅ればせながら読んでみました。週刊ダイヤモンド 2018年7/14号 [雑誌] [Kindle版]ダイヤモンド社2018-07-09定年後の働き方として次の4つを提示し、それぞれの選択肢について 続きを読む

先週7月20日、厚生労働省より「平成29年簡易生命表」が公表されました(詳細な資料はこちらに掲載)。それによると平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳で、ともに過去最高を更新しました。昭和22年(1947年)以降の平均寿命の推移は以下のとおりとなっており、ほぼ一貫し 続きを読む

確定拠出年金法の改正に盛り込まれた項目の1つに「ポータビリティの拡充」、つまり年金資産の持ち運びが可能な範囲を拡大するというものがあります。今年(2018年)の5月より施行されました。中退共(中小企業退職金共済)に加入していた中小企業が他の企業と合併した場合、 続きを読む

「年金時代」という年金や社会保険を専門に取り扱うWEBメディアがあるのですが、こちらに「次期年金制度改正の課題を考える」と題する全3回の記事が掲載されています。その1:マクロ経済スライドの見直し(キャリーオーバーの導入)の振り返りその2:マクロ経済スライドの 続きを読む

最近、こちらの本が結構売れてるようです。私も購入してひととおり読んでみました(ちなみに第9刷でした)。サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書) [新書]三戸 政和講談社2018-04-20どっかで見たようなタイトルだなと思 続きを読む

先週、国税庁のサイトにe-Taxによる確定申告手続きの簡便化の概要が掲載されました。e-Taxはインターネットで確定申告手続きを完結できる仕組みであり、紙の書類の提出(郵送)を省略することができます。国税庁@NTA_Japan平成31年1月から個人納税者の方のe-Taxの利用手続 続きを読む

↑このページのトップヘ