社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

2018年01月

昨日は大阪にて退職給付会計セミナーを開催しました。例年、3月末決算を控えた1~2月に開催している定番のセミナーで、退職給付会計の基礎の解説や、実務を想定した演習を行っています。今回の演習では、定番となっている退職給付会計ワークシートの作成に加え、退職給付債務 続きを読む

昨日の日経朝刊トップの記事はこれ。日本経済新聞 電子版@nikkei公的年金受給開始、70歳超も選択肢 政府検討 https://t.co/wAaRBNBJ8l2018/01/16 18:04:00公的年金の受給繰下げを70歳以降もできるようにする案は以前から色々なところで出ていましたが、政府が取りまとめてい 続きを読む

日銀がマイナス金利政策を導入してから2年近くがたとうとしています。国債の利回りは、当初半年くらいは超長期債を中心に下がり続けましたが、その後やや反転し、2017年は大きな動きはありませんでした。<関連記事:半年で半分戻った国債金利>財務省Webサイトの国債金利情 続きを読む

先週1月11日、厚生労働省より確定拠出年金制度の法令解釈通知が発出されました。昨年11月20日のパブリックコメントで公表された案から実質的な内容の変更はありません(結果の公示はこちら)。今回の通知改正は、2018年5月に施行される確定拠出年金法の改正事項に対応したも 続きを読む

先週1月12日、ASBJ(企業会計基準委員会)より実務対応報告第36号「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」が公表されました(こちら)。公開草案が公表されたのは昨年の5月10日、これに対して実に253件の意見(多くは反対)が寄せら 続きを読む

2017年はiDeCo(個人型確定拠出年金)に新たに加入した人が40万人を超え、これまで最多だった2016年の5倍以上になりました。所得控除の税制メリットが周知されてきたことが大きな要因だと思います。会社員(及び公務員)の場合、iDeCo掛金を給与天引きで支払っていれば、特に 続きを読む

企業型の確定拠出年金(DC)において、法令上の定めはないものの、実務上認められている取り扱いとして「掛金の中断」があります。<厚生労働省 確定拠出年金Q&Aより>掛金は、原則事業主が年一回以上、定期的に拠出するものであるが、給与が支給されておらず、合理的な理由 続きを読む

ここのところよく目(耳)にする「働き方改革」。そのテーマは多岐にわたりますが、今回はその中で「副業解禁」について取り上げてみたいと思います(最近は「複業」という表現もよく見かけるようになりましたね)。副業は、働き方改革の中では、一人ひとりの能力や置かれた 続きを読む

企業における高年齢者の雇用に対するスタンスについて、以前こちらの記事で「積極雇用型」「限定活用型」「早期排出型」の3つタイプを紹介しました。そして、積極雇用型と早期排出型、それぞれの企業にふさわしい退職金制度とはどういうものなのかを考えてみました。【積極雇 続きを読む

先日の記事にも書いたとおり、すでに2017年分の確定申告書等作成コーナーのサイトがオープンしており、医療費控除やふるさと納税などの還付申告を行うことができるようになっています。2017年は医療費控除の特例として新たにセルフメディケーション税制が導入されました。そ 続きを読む

↑このページのトップヘ