マネックス証券がiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入するようです。
リリースも出てますね(こちら)。

9月下旬にサービス開始予定ということで、手数料や具体的な商品ラインナップなどの詳細は未定ですが、SBI証券、楽天証券につづいてネット証券としては3社目となるため、先行2社と遜色ないものを出してくるでしょう。

また、マネックス証券からは同日付で一般の投資信託の最低購入金額を100円にするというリリースも出ています。投資経験やまとまった投資資金のない層を積極的に取り込んでいこうとする意図が見えますが、この場合、取扱商品の多さは「多過ぎて選べない」ということにもつながります。

ネット証券のiDeCoプランの特徴である商品ラインナップの豊富さは、投資未経験層に対していかに商品を選びやすくするかという課題と隣り合わせにあります。

リリースによると、ロボ・アドバイザーにより運用商品を提案するとありますが、同様のツールはSBI証券にもあります。ネット証券の中で投資未経験層から支持されるには、専用WEBサイトの使い勝手も含め、手数料や投資金額以外の面で、いかに敷居を低くできるかがポイントになると考えます。