今年も確定申告の時期が近づいてきました。所得税の申告期間は2月16日から3月15日までとなっていますが、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」は1月からオープンしており、確定申告書の作成・送付は既にできるようになっています。

下の図は、以前「源泉徴収票から読み取るiDeCoの節税効果」の記事に載せた所得税の計算の流れ(イメージ)です。
4

所得や税額から控除する額が大きければ大きいほど、最終的に支払う税金の額は小さくなります。会社員の場合、この控除は次の3パターンに分けることができます。

1.何もしなくても控除されるもの
全員が対象となる基礎控除と給与所得控除、厚生年金などの本人の社会保険料控除、給与天引きにより支払っている確定拠出年金の掛金(iDeCoまたはマッチング拠出)の控除については、会社のほうで計算してくれるので、個人のほうでは特に手続きは必要ありません。

2.年末調整で控除されるもの
配偶者控除などの扶養親族にかかる控除、生命保険(個人年金保険や医療・介護保険を含む)や地震保険にかかる保険料控除、個人口座からの振替で支払っている確定拠出年金の掛金の控除、住宅ローン控除(2年目以降)については、年末調整の書類を会社に提出することにで税金に反映(減額)させることができます。

3.確定申告で控除されるもの
上記1、2で控除できないものは確定申告によって控除します。例えば、以下のようなものが該当します。
  • 住宅ローン控除(初年度)
  • 医療費控除
  • 寄付金控除(ふるさと納税を含む)
このほか、年末調整での手続きが漏れたものや間に合わなかったもの、(給与収入から控除されるものではないですが)株式等の売却で損失が出た時の損益通算や繰越も、確定申告により行います。確定申告によりこれらの控除を受けると税金が再計算され(税金が減る)、年末調整時との差額が返還されます。

e-Taxで確定申告するには

確定申告を行うには、まず冒頭にも書いた「確定申告書等作成コーナー」にアクセスします。そして作成開始ボタンをクリックすると、「e-Tax」か「書面提出」かを選択する画面が最初に出てきます。
1

e-Taxで確定申告を行うと、書面を印刷して提出する必要はなく、インターネットで手続きを完結できますが、以下の事前準備が必要になります。
  • マイナンバーカード(電子証明書の有効期限が切れてないもの)
  • ICカードリーダライタ
電子証明書が有効期限内であれば住民基本台帳カードでもできますが、期限の切れたものは更新できないため、マイナンバーカードに切り替える必要があります。私の住民基本台帳カードはちょうど昨年の確定申告前に有効期限が切れ、申請したマイナンバーカードもなかなか届かなかったので、昨年は書面で確定申告を提出しました。

なお、書面の場合でも作成するところまではすべてPCでできるので、あとはプリントアウトして税務署に郵送するか、税務署の専用ポストに直接投函すれば手続き完了です。

もう一つのICカードリーダライタというのは、例えばこういうやつです。

これをPCに接続して、マイナンバーカードの情報を読み取ります。

あとは画面の指示に従ってセットアップ等を行っていけばOKですが、Windowsの場合、ブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)のみ対応しています。書面での作成の場合はChromeやFirefoxにも対応しています。

途中、以下の番号やパスワードの入力を求められるので、忘れたり間違えたりしないようにメモしておくのがよいでしょう。
  • 利用者識別番号:初めてe-Taxを利用するときに取得する16桁(4桁×4)の番号
  • e-Taxの暗証番号:利用者識別番号を取得するときに設定したパスワード
  • 電子証明書のパスワード:マイナンバーカードに電子証明書を登録した際に設定したパスワード
特に、電子証明書のパスワードは5回連続で間違えるとカード自体が使えなくなって、役所で手続きしなければならなくなるので注意が必要です。ちなみに、私は以前、自分のカードと勘違いして妻のカードをセットし、5回連続で間違えて使えなくしてしまって、だいぶ怒られました(^-^;

事前準備ができたところで、確定申告書の中身の作成に入っていきます。続きは明日の記事で。