社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

2017年06月

企業年金連合会が確定拠出年金(DC)実施企業(主に中小企業を想定)に対して行う継続投資教育セミナー等の具体的な内容がこちらに掲載されました。昨年の法改正により継続投資教育は各事業主の努力義務となり、これと併せて企業年金連合会に投資教育を委託できることとなっ 続きを読む

マネックス証券がiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入するようです。日経 Top@nikkei_top[日本経済新聞] マネックス証券、個人型DC参入 (会員限定) https://t.co/Cl6u04Fwc82017/06/20 21:40:13リリースも出てますね(こちら)。9月下旬にサービス開始予定ということで、手数 続きを読む

確定給付企業年金(DB)において今年から導入されたリスク対応掛金を設定するには、その上限枠である「財政悪化リスク相当額」をまず算定する必要があるわけですが、標準的には計算基準日時点の積立金(年金資産)を種類ごとに区分し、各区分ごとに定められた係数を乗じて合 続きを読む

6月6日に開催された第8回の確定拠出年金(DC)運用専門委員会の議事録が、先週6月14日付でアップされています(こちら)。この日は、2月以降の一連の議論をとりまとめた報告書について、第7回からの修正箇所の確認が行われ内容が確定したわけですが、最後に各委員からの意見 続きを読む

当社には、大手金融機関を定年退職した翌営業日に入社し、以後現在に至るまで勤務しているメンバーがいます。70代半ばになった今でこそ週1,2回の勤務ですが、少し前までは他の社員と同じように週5で勤務していました。なぜ70歳を超えても新しい職場で現役で働いてこれたのか 続きを読む

既存の退職金や企業年金の枠にとらわれない、これからの時代の退職給付について、これまでの記事の中でいくつか書いてきました。・退職金はないけど70になっても働ける会社・退職給付は「セレクション アンド バリエーション」の時代へ・3ステージの人生からマルチステージの 続きを読む

昨日の記事では米国債の直接購入について書いたところですが、米国債への投資に関して、税制面でより有利な方法がないか、調べてみました。なお、外国債券の直接購入にかかる税金の仕組みについては、大和証券のこちらのページが分りやすいと思います。割引債を購入する昨日 続きを読む

↑このページのトップヘ