社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平の個人ブログです。

2016年07月

今日は生命保険の話です。保険は人生で2番目に大きな買い物と言われたりします(1番は住宅)。生命保険文化センターの調査によると、生命保険に加入している世帯の年間払込保険料の平均は38.5万円だそうです(詳細はこちら)。それだけの金額をかけている以上は有効に使いた 続きを読む

「退職金・年金の超キホン」シリーズの4回目です。前回まではこちらから。第1回:退職金って何ですか?第2回:退職金っていくらもらえるんですか?第3回:退職金は確実にもらえるんでしょうか?企業年金は年金?退職金?第3回でも少し触れたとおり、企業年金は基本的には企業 続きを読む

昨日に引き続きポータビリティの話です。今日は確定拠出年金(DC)を実施している企業の会社員が定年前に退職した場合の取り扱いについてまとめておきます。確定給付企業年金(DB)と違い、DCは原則として60歳より前に脱退一時金を受け取ることはできません。一部例外はあり 続きを読む

今回の確定拠出年金法の改正に盛り込まれた項目の1つに「ポータビリティの拡充」があります。ポータビリティとは「持ち運びのしやすさ」といった意味であり、例えば携帯電話の会社を変えても番号を変えずに済む、つまり番号を他の会社に持っていける制度は「番号ポータビリテ 続きを読む

長期金利がマイナスになってしまった現状では、予定利率2.5%を確保するのにもそれなりにリスクを取る必要があると昨日書いたところですが、ここ数年の確定給付企業年金の予定利率と長期金利の関係がどうなっているのか、概要を見ておこうと思います。予定利率については、り 続きを読む

先週末、みずほ信託銀行の年金情報サイトに確定給付企業年金の2016年3月末財政決算結果の速報がアップされていました。「財政決算」は退職給付会計基準に基づく企業本体の決算とは別物で、確定給付企業年金に関する法令等に基づいて企業年金制度の積立状況をチェックするため 続きを読む

確定拠出年金(DC)における"投資教育"の具体的な内容については、厚生労働省による法令解釈通知の中で次の4つの項目が定められています。確定拠出年金制度等の具体的な内容金融商品の仕組みと特徴資産の運用の基礎知識確定拠出年金制度を含めた老後の生活設計そしてこれらに 続きを読む

「退職金・年金の超キホン」シリーズの3回目です。前回まではこちらから。第1回:退職金って何ですか?第2回:退職金っていくらもらえるんですか?将来退職金は確実にらもらえるんでしょうか?退職金は長い場合だと40年以上の勤続の結果としてもらえるまとまったお金です。も 続きを読む

改正後の確定拠出年金法では、商品提供数に上限が設けられるとともに商品の除外要件が2/3の同意に緩和されることになりましたが、一方で既に提供され選択されている商品については従来通り全員の同意がないと除外できないという、一見矛盾した規定になっています。この点につ 続きを読む

国債金利の低下が止まりません。以下は財務省の国債金利情報から2015年12月末以降の各月末の金利(%)をグラフ化したものです。1月の終わりに日銀がマイナス金利の導入を発表して大きく金利が下がりましたが、その後も同じようなペースで低下が進んでいます。特に20年を超え 続きを読む

↑このページのトップヘ