社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

先週14日、NPO401k教育協会が主催する「第5回日本DCフォーラム」が開催されました。私は出席していませんが、モーニングスターのサイトにその様子が紹介されています。このフォーラムでは「DCエクセレントカンパニー」として継続教育に優れた取り組みをしている企業を表彰し 続きを読む

年金や退職金は、日本における社会的課題という観点からすると、人口問題(少子高齢化)とのつながりが深いわけですが、地球規模でのより大きな社会的課題の1つに気候変動(地球温暖化)があります。この「気候変動」と「人口高齢化」の2つの問題について考えてみると、いく 続きを読む

昨日発売された週刊ダイヤモンドの特集は「退職金・年金」でした。名前は出てきませんが、私も取材を受けた1人です。「知りたくなかった禁断の数字」と銘打って有名企業の退職金の実額がいくつも載っていますが、より読む価値があるのは、退職金の活用術や確定拠出年金の解説 続きを読む

国民年金基金の平成27年度(2016年3月末)決算が公表されました。基金全体の資産額は3.9兆円、これに対して積み立てるべき責任準備金は4.8兆円、積立不足は9千億円、積立比率は81%と苦しい状況です。国民年金基金連合会における給付確保事業の運用利回り(基金全体の運用利回 続きを読む

公的年金は大きく分けて国民年金と厚生年金の2階建ての構造になっていて、会計も別になっています。しかし、一昨日の記事にも書いたとおり、金額ベースでみれば厚生年金が大半を占めており、保険料収入、積立金、年金支給、いずれの金額でみても国民年金は厚生年金の1割に満 続きを読む

今週紹介する記事はこちら。ダイヤモンド・オンライン@dol_editors[おすすめ]「歳入庁」という誰も反対しない構想が実現しない理由 - 山崎元のマルチスコープ https://t.co/TehXkK32c72016/10/13 19:30:02「関係省庁のナワバリ意識が歳入庁の設置を阻む」が真の理由かどうか 続きを読む

平成28年版厚生労働白書では、高齢者の就業に関して、高齢者雇用安定法の改正によって65歳までの雇用確保の仕組みが整備された一方で、今後は65歳を超えても働き続けたい高齢者の就業機会の確保が課題であるとしています。ちなみに、全国の60歳以上の男女を対象にした調査( 続きを読む

↑このページのトップヘ