社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

今日ご紹介するのはこの記事。財経新聞・最新ニュース@zaikei_news年金滞納者、実は9割が免除対象 厚労省の実態調査 https://t.co/51YPrbKy9b2016/12/14 12:44:35「国民年金保険料を2年間以上滞納している人は2015年度末で約206万人もいる」「しかし、未納者のうち強制徴収 続きを読む

昨日書いたとおり、リスク分担型企業年金という新たなハイブリッドプラン(確定給付と確定拠出の両方の性質を併せ持つ企業年金制度)の導入が正式に決まったわけですが、他にも「実績連動型CB」というハイブリッドプランが2014年度にすでに導入されていたりします。実績連動 続きを読む

昨日、確定給付企業年金におけるリスク対応掛金の導入と、リスク分担型企業年金制度の導入についての関連法令、通知等が一斉に出ました。厚生労働省のこちらのページに掲載されています。また、パブリックコメントの結果についても公表されており、政省令、告示、通知の各案 続きを読む

先週8日付で、厚生労働省から事務連絡「確定拠出年金法の一部を改正する法律の施行(平成29年1月1日施行分)に関するQ&Aについて」が出されました。位置づけとしては先月の法令解釈通知の改正と同じようなものですが、Q&A形式でいくつかの具体的な質問に答える形で示されてい 続きを読む

以下は、昨日の記事でも紹介した、確定拠出年金(DC)の代表的な投資信託商品の運用成績(基準価格の変動)を示すグラフです。日本株の最も一般的なベンチマークである「TOPIX(配当込み)」にほぼ連動しているインデックスファンドですが、2006年3月末の基準価格を100とする 続きを読む

以下の2つの表は、2つの投資信託の運用報告書から、直近5期分の基準価格とベンチマークのリターン(収益率)の差を取ったものです。いずれも、確定拠出年金で採用されている国内株式の代表的なインデックスファンドです。これだけ見ると、Aのほうはインデックスファンドなの 続きを読む

来年2月に予定されていた個人向け連動国債の販売が延期されることになりました。日経 Top@nikkei_top[日本経済新聞] 個人向け物価連動国債、財務省が販売延期 https://t.co/oW79OaGheq2016/12/05 22:08:52<参考>過去記事・物価連動国債とは~インフレに備えた保険個人的に 続きを読む

↑このページのトップヘ