社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

先週の記事で紹介したように、今年中にはリスク分担型企業年金(RS)を実施する例が出てきそうな状況ですが、RSを実施する上で大きな課題の1つとなるのがガバナンスです。年金資産の運用状況によって給付額が自動的に調整(増額または減額)される可能性があるため、資産運用 続きを読む

今日から何回かに分けて「投資の超キホン」というテーマで記事を書いてみようと思います。投資というと、「自己投資」という言葉があるように、必ずしも資産運用の意味だけで使われるものではありませんが、ひとまずおカネの世界での投資を中心に書いていくことします。おカ 続きを読む

リスク分担型企業年金を導入する初めての事例が出そうです。日本経済新聞 電子版@nikkei運用リスクを労使で分担 第3の企業年金 初導入 https://t.co/ogNCgHkVmI2017/07/13 23:19:01記事によると、総合型の厚生年金基金に加入していた企業が基金の解散に伴い、その後継制度 続きを読む

最近ESG投資という言葉を目にする機会が増えてきました。国の年金資産を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がESG投資を採用したこともその要因の1つだと考えられます。GPIFが7月3日付で公表した「ESG指数選定結果について」によると、投資規模は当初は国内株式 続きを読む

先日、当社のPmasサイトに企業型確定拠出年金(DC)における商品ラインナップの再検討についてのコラムを掲載しました(こちら)。厚生労働省のDC運用専門委員会で取りまとめられた報告書の趣旨を踏まえ、既存の商品ラインナップを検証するために、まず以下のような分類で整 続きを読む

老後資金の3本柱と言えば、国が用意する公的年金会社が用意する退職金や企業年金自分で積み立てる個人年金や投資・貯蓄ですが、これに続くものとしてリバースモーゲージという方法があります。不動産(土地と自宅)を担保として資金を借り、自分が死んだ後に不動産を売却する 続きを読む

先週の「総合型DBにAUPを導入?」の記事にも書いたとおり、議論が再開された厚生労働省の企業年金部会では、確定給付企業年金(DB)のガバナンスがメインテーマとなっています。前回(6月30日)の資料では、総合型DB基金への対応のほかにも、資産運用全般に関する論点として 続きを読む

↑このページのトップヘ