社員に信頼される退職金・企業年金のつくり方

はたらく人たちの未来をデザインする退職給付の専門家「ライフ・デザイン・アクチュアリー」向井洋平のオフィシャルブログです。

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の大きなメリットの1つである、掛金の全額所得控除による節税効果。例えば、掛金を控除する前後の課税所得が195万円以上330万円以下の範囲にあれば、その年に納付した掛金の約20%が所得税・住民税の軽減という形で戻ってきます。※会社員 続きを読む

りそな銀行が発行している「企業年金ノート」、今月号は前回に引き続き、老後の生活設計を収入面から考察する内容となっています。 企業年金ノート・レポート(2018)│企業年金のお客さま│りそな銀行 総務省の家計調査をもとに、リタイヤ後(無職)の高齢者世帯では公的年 続きを読む

先月25日、高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)より「定年延長、本当のところ」がリリースされました。JEEDが実施した調査の結果をもとに、定年延長企業における60歳以降の働き方や賃金、定年を延長した理由、定年延長の進め方や効果、課題についてまとめられています。 続きを読む

今では実施されている企業はかなり限られていますが、確定給付企業年金(DB)における終身年金は社員にとって非常に手厚い給付です。終身年金に代えて一時金での受け取りを選択できる場合も多いですが、その場合、受け取れるのは最大でも年金の20年分、しかも一定の利率で割 続きを読む

今年も10月に入り、保険会社から保険料控除証明書が届く時期になりました。住宅ローンがあれば残高証明書が届くのもこれくらいの時期になります(2年目以降)。会社員・公務員は、年末調整時にこれらの証明書を添付して会社に申告することで、税金の還付を受けることができま 続きを読む

先日の記事では企業年金連合会の2017年度決算(財政状況)について見たところですが、国民年金基金連合会のほうでもひっそりと2017年度の財政状況が更新されました。国民年金基金は、47都道府県に設立された「地域型基金」と25の職種別に設立された「職能型基金」、それに各 続きを読む

今月下旬、「退職給付制度の最新動向」というテーマで講演することになり、これからの退職給付制度に求められるものは何なのか、改めて考えてみました。働き方改革、人生100年、人手不足といったワードが頻繁に聞かれる昨今、必要とされるのは「透明性」「柔軟性」そしてこの 続きを読む

20歳以上60歳未満のほぼすべて人のが加入できるようになった確定拠出年金ですが、その例外の1つに「農業者年金の被保険者」があります。法律上「個人型年金の加入者となることができる者」としては農業者年金の被保険者を除外する規定はありませんが、その一方で「農業者年金 続きを読む

先日の日経電子版に公的年金の受給繰下げについての記事がありました。日経電子版 マーケット@nikkei_market年金繰り下げ お得なの? 高まる注目、意外な注意点も… https://t.co/qNACTxyJoH2018/10/07 05:36:00 年金受給を繰下げ(最大70歳まで)、及び繰上げ(最大60歳ま 続きを読む

先月28日、厚生労働省から「職場情報総合サイト」が新たに公表されました。職場情報総合サイト|職場情報開示に積極的な企業紹介 「働き方改革」が推進される中、企業の残業時間や有給休暇の取得率といった「働きやすさ」に関する様々なデータを検索、ダウンロードすること 続きを読む

↑このページのトップヘ